店長ブログ

新作・追加入荷スケジュール

読み物

布茶話会

公式アプリはじめました♪

アップルアプリ
googleapri

ハンズ

tocotocoマーケット

営業日カレンダー

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
が定休日です。

TEL/メール・発送業務対応時間
10:00〜17:00

※ご注文は24時間いつでもご利用いただけます。

時間外・赤色日はメール対応、発送業務をお休みさせていただきます。


LINE@始めました!友だち追加

月齢によって違う布おむつの折り方、たたみ方


おむつの折り方、たたみ方についてですが、布おむつの種類によってたくさんの方法がありますが、
基本的には、おむつカバー内に収まるように、布おむつ(吸収体)を折りたたんで
カバーであてがうだけでOKです。

成形おむつの場合は、すでにカバー内に収まるサイズになっていることがほとんどなので、
そのまま利用で、折りたたむ工夫はありません。

※月齢別の判断について ここで1つ大事なお話なのですが、 月齢という表現はとても難しいです。
一般的に月齢別でいろいろ成長の指針になるものがありますが、
個人差は本当にあります。個人差だからと片付けられるほどつらいものはないのも、
私自身3人の母なので理解できますが、かといって指針通り4か月だから寝返り
という簡単なものでもないのがこどもの成長です。

なので、月齢ももちろん1つのものさしですが、〇ヵ月というのが重要ではなく、
我が子が今どういった状態なのか、どのくらい成長を遂げているのか、
それに適しているのはなにかをベースに探り、工夫するのが良いと思います。
以下月齢毎のおすすめの折り方、たたみ方の1例を紹介しておりますが、
この月齢にこの折り方でなくてはいけないという事ではないです。
この月齢前後に、このような成長(寝返り、ハイハイ、歩くなど)があるので、
それを目安に判断をお願いします。


〇基本的な当て方

1.布おむつのカバーを広げます。

2.カバーの内側に成形おむつならそのまま、輪おむつなら3つ折りの2つ折りなど
カバー内に収まるように折りたたんだものを置きます。




3.おへその上まで布おむつを当てて、カバーを閉じます。
おむつカバーから、布おむつがはみ出ていないか確認してください。



とにかく、1つだけ大事なのは、しっかりとおまたに布おむつ(吸収体)が
隙間なく当たっていることが重要です。
おまたと布おむつ(吸収体)との隙間は、漏れの原因になりますので、
そこはしっかりと当てることが大切です。
しかし、月齢やその子の成長の段階によって、布おむつ(吸収体)の折り方を
工夫したほうが良い場合もあります。
それは、体重増加や成長により、身体の体型が変わるからです。

今まで通りの折り方では、ずれてしまったり、漏れてしまったりなる場合が多いので、
子どもの成長と共に、布おむつ(ここでは輪おむつ)の折り方やたたみ方の
工夫がポイントになってきます。

基本の当て方以外に、ほんの一例ですが、布おむつの折り方、工夫例をご紹介します。


★ストッパー折り
(新生児から6か月くらいの離乳食が2回食しっかりになるまでにおススメの当て方)

この時期はうんちがとにかく緩いです。なので、横漏れがしやすい時期でもあります。
新生児から、離乳食前や離乳食完了期になる前のウンチがゆるゆるさんには、
このストッパー折りがGOOD、両端に厚みを持たせられる折り方なので、
横漏れを防ぎ、ゴム部分の汚れも減らします。

使用する布おむつ:輪おむつ2枚もしくは輪おむつ1枚と成形おむつ1枚

1.輪おむつを用意します。
広げて端を5センチ幅くらいになるように山折り谷折りという
交互に折ります。

 
 

こんな感じです、ジャバラに折るといいますか、、、両端折るとこうなります。
 
 
 
 
2.そしたら半分に折り、出来上がりです。
この1枚で使用してもいいですし、1枚じゃ物足りない場合は、
中に成形おむつを入れるといい感じです。
中のおむつは、輪おむつを入れてもいいと思います。
 
 
 
 
このおむつの折り方は、両端が4枚の厚さになるので、
真ん中吸収は物足りないですが、ゆるゆるうんちのストッパーや
ゴムだけ濡れてしまう!という時にはおすすめです。この進化形バージョンに、
中に成形おむつを1枚入れ込めば、吸収も安心なので便利です。
 
 
 
★ズリバイ折り
(7~8か月からあんよするまでのズリバイ・ハイハイ期におススメの当て方)
 
寝がえりをはじめ、ズリバイ・ハイハイ期はとにかく前傾姿勢です。
とにかく前だけが濡れてしまうので、カバーやお洋服の前部分が染みてしまう事も多々ありますので、そんな時に重宝するおり方です。
 
使用する布おむつ:輪おむつ2枚もしくは輪おむつ1枚と成形おむつ1枚、成形2枚でも可
 
※輪おむつ1枚と成形おむつ1枚バージョン

1.3つ折りして2つ折りした輪おむつの上に、2つに折った成形おむつを載せるだけ
 
  
 
 
ただ、ゆるゆるウンチ時期の場合、ちょっとした注意必要です。
後ろ側が薄めになっているので、ゆるゆるうんちの場合は、心もとないことになってしまいますので、うんちのタイミングが分かれば、それを避けてこの折り方にするなどのタイミングの調整をしても良いかと思います。
 
 
 
★さんかく折り
(4~5か月から1歳くらいまでにおすすめの当て方)
 
膀胱成長ステージが上がりやすい4~5か月くらいから、1回の排泄量が多くなります。
また、1歳くらいまでの動きも多くなってきた月齢には、
密着度が高くなる折り方が必要になります。

おしっこ量が多くなってきたと感じたとき、夜間やお昼寝時、
ちょっとした外出時にも重宝する万能折りです。

1歳半過ぎてあんよも上手になり、活動範囲が広がると使わなくなる場合もあります。
(1歳半過ぎると密着度よりも解放感や自立への促しが重要になってくるので、
基本的にこの折り方は1歳くらいまでをおすすめとしてます。)
 
使用する布おむつ:輪おむつ2枚もしくは輪おむつ1枚と成形おむつ1枚
 
1.まず輪おむつ(さらしでもドビー織りでもOKです)1枚を、
半分に折り



さらに半分に折って4つ折りを1つ用意します。


こちらはこれで完成!!もし成形おむつを使う場合は、1の用意はなしで、
成形おむつを1枚使ってください。

2.次に三角の部分です。輪おむつを1枚用意して、下のように折ります。



反対も折り、写真のようにします。
この三角に折った布おむつに、で折った4つ折りを写真のように真ん中に
置きます。これで出来上がりです。






1.で折った4つ折りの代わりに、成形おむつを使ってもOKです。

次に当て方ですが、完成したさんかく折り布おむつをカバーの上に置きます。
そして、赤ちゃんを中央に置いて、三角のつの部分を前に持ってきます。




左右の三角部分をお腹に持ってきて、交互に巻きます。
巻く感じですね。左右はどちらからでも大丈夫です。



そして、カバーをしめて、マジックテープでしっかりとめます。



両ふとももから、おむつがはみ出るので、それを中に入れ込みます。



そうするとこれが、ゆるゆるウンチやおしっこのストッパーになり、
横漏れにかなり最強のパワーも発揮します。

基本の当て方よりも、横漏れを防ぐので、ねんね期のお昼寝時や夜間時や、
寝返りやハイハイなど活発に動き出した赤ちゃん期に特におススメの折り方です。
どうぞお試しください。



※三角おむつは、股関節脱臼の原因になるのでは?というご質問を頂きます。
またネットでもそう書かれている記事もありますが、
三角折り=脱臼の原因ではなく、締め過ぎたり、ぐるぐるに巻き付けて、
足の動きを妨げることに、原因があります。なるべく、足の動きの妨げにならないように、
当てることが大切です。きつく当てすぎることに注意すれば問題ないです。
ですが、先天性の脱臼等の既往を持っている場合など、
なにか出産時に注意をいただいたお子様は、医師に相談の上行う方が良いかもしれません。
 


これだけの違いでも、こういった折り紙の感覚で、工夫するだけで、
お肌への密着度や当たり方が変わるので、カバーへの漏れはかなり防げます。
こういったレパートリーは、マイ引き出しとしてあるとよいと思います。
これらの折り方から、また進化形を考えるのも良し!
まずは基本形から、お子様の月齢ごとの成長具合や
生活スタイルにあった折り方を見つけて工夫するとよいと思います。
 




 

ページTOPへ戻る