店長ブログ

新作・追加入荷スケジュール

読み物

布茶話会

公式アプリはじめました♪

アップルアプリ
googleapri

ハンズ

tocotocoマーケット

営業日カレンダー

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
が定休日です。

TEL/メール・発送業務対応時間
10:00〜17:00

※ご注文は24時間いつでもご利用いただけます。

時間外・赤色日はメール対応、発送業務をお休みさせていただきます。


LINE@始めました!友だち追加

Q&A

布おむつについて

おむつカバーの方にまでうんちが漏れてしまったりするのですが、何かいい方法はありますか?

こちらの当て方はいかがでしょうか。http://062blog.kucca.jp/?eid=251472

おしっこ量の増加対策だけでなく、しっかりと当てたい夜間などにもオススメです。
股関節はきつくしめ過ぎないように、当ててくださいませ。

また、個人差にもよりますが、離乳食がはじまりだすと段々と固形になってきます。
それまでは、ライナーを使用するのも1つの方法です。

布おむつを当てていても、おしっこをしても泣きません。
泣いてなくても、こまめにオムツチェックをするべきなのでしょうか?

おしっこやウンチが出て泣く子、出る前にムズがる子、全く泣かない子、
このような意思表示には、かなり個人差があります。
ハッキリ意思表示ができる1歳半くらいになると分かりやすいと思うのですが、それでも、おしっこしたことを言うのが恥ずかしい子もいます。

産後間もない場合は、おしっこよりもおっぱいや抱っこなどで泣く方が多いかと思います。
おしっこで汚れて泣かなくても、もし気づいた場合は交換するのが良いです。

布おむつの場合は、放置時間が長いと衣服等にも染み出してしまう場合もありますので、まずは、こまめにチェックして、お子様の排泄タイミングを図ってみてくださいませ。

テープ型とパンツ型の購入で迷っています。パンツ型とテープ型の半々にしようかなとも思っているのですが、どちらが使い勝手が良いのでしょうか?

パンツ型とテープ型の特徴の違いですが、パンツ型はタッチしたまま脱ぎ着が出来るところが大きいメリットだと思います。つかまり立ち期やたっち期から、歩きはじめたお子様に向いていると思います。

個人差がありますので、何か月からというのは難しいのですが、平均的に10か月くらいからは、パンツ型が便利になる時期なのかなと思います。

お客様によっては、個人的にテープ型が使いやすいという方ももちろんいらっしゃいますので、そこはお客様の感覚にもよるのかなと思います。

また、店主の例でいいますと、次男は7か月くらいからつかまり立ちをしていたので、その頃からテープとパンツを併用しておりました。どうしてもねんねで替えさせてくれない場合等に、パンツ型を利用。それ以外はテープタイプで対応。1歳3カ月位からおまると併用して、おむつ卒業の準備をはじめましたので、その位から、7:3の割合で、パンツ型を主に使用しておりました。2歳過ぎるとパンツ型のみの使用に。6か月から1歳半までの期間ですとテープとパンツの併用はおススメです。

パンツ型に輪おむつを二枚重ねてこの使用は可能でしょうか?

もちろん、輪おむつでも、パンツ型カバーにご使用になれますので、どうぞご安心ください。他社製品の成形おむつもご使用になれます。
しかし、輪おむつを2枚使用すると、成形おむつよりも厚みが出ます。テープタイプと違って、パンツタイプのカバーはデザイン上固定されておりますために、輪おむつとの併用でご使用される場合は、ワンサイズ大きいサイズが良い場合もございます。その場合は、どうぞご購入前に、kuccaお問い合わせにて、ご相談くださいませ。

成形オムツと輪オムツでは違いがあったりするのでしょうか?

成形おむつは形が決まっておりますので、お手入れや扱いがシンプルです。
輪おむつは様々な折り方が出来ますので、いろいろなシーンでの対応が可能です。

新生児期は、体重も少ないので、お肌にしっかりと当てられるのは、三つ折り等が出来る輪おむつがおススメですが、月齢が進むにつれて、布おむつの枚数が増えるので、成形おむつの方が複数使用も厚みが出ずに、吸収が対応出来るので便利です。
それぞれの特徴がありますので、併用すると活用の幅が広がるのでオススメです。

布おむつは1回に通常は何枚で使ったらいいのでしょうか?

1回に使用する布おむつの枚数ですが、お子様の月齢や排泄量によりますが、新生児から5.6カ月くらいまでは1枚で、5カ月過ぎると大体排泄量が増えますので、2枚使用になってくるのかなと思います。

折り方もいろいろございますので、どうぞお試しくださいませ。

http://062blog.kucca.jp/?eid=251472

パンツ型の交換方法ですが、一回脱がしてから履かせた方がいいでしょうか?上手く交換できるやり方がありましたら教えて下さい。

うんちなどの場合は、まずはスナップボタンを外して、うんちおむつを取って、お尻を拭いてから、カバーを脱がせると、カバーが汚れません。

またカバーが使える場合は、そのままおむつを当てるのも良いですが、一旦脱がせてから、ベロに布おむつを挟み、履かせるとスムーズかと思います。

もちろんそのまま当てて、スナップボタンをつけた場合は、指で布おむつとお肌がしっかり当たっているか確認して、位置を修正しても良いかと思います。布おむつがベロに入らなくても、お肌にしっかり布おむつが当たっていればOKです。店主の場合は、次男がじっとしてなかったので、とにかく脱がしてから装着が多かったです。

布おむつのカバーの防水力が低下しているように感じます。効果は低下するものでしょうか、またなにか改善できる方法はありませんか?

布おむつやカバーに使用している防水布ですが、やはり、使用していくことで撥水のパワーが低下してくるのは否めません。

しかし、歴然と撥水力がなくなってくる場合は、何か原因が考えられます。

一番の原因としては、「洗剤のこり」です。

たとえば、柔軟剤や柔軟剤配合の洗剤は、撥水力を低下させるそうで、またそのような洗剤等を使用していなくても、しっかりとすすぎができていないと、防水布の表面に洗剤が残っていたりすると、撥水力が発揮されません。

十分にすすぎをすることが大事で、また一度撥水力が低下しても、付着した洗剤のこりを落とし、しっかりと乾かすことで、また撥水力が蘇ります。

手洗いの場合、なかなかしっかり落とせないこともあるので、ネット使用ですすぎをしっかり行うのもおススメです。

長くご愛用いただきたいので、ぜひお試しいただければ幸いです。

また撥水力の低下以外にも、お子様の膀胱の成長により、1回の排泄量が増えているよって漏れや染み出しが頻繁に発生するということも考えられます。

その場合は、布おむつの量を調節することが大事です。

他のサラシ輪おむつや他社製品の成型おむつとでも併用できますか?

はい。問題なくお使いいただけます。
使い方も、従来のカバーと同じようにご使用いただけます。
kuccaの布おむつとだけでなく、体調や状況に合わせて、さまざまな布おむつとあわせてお使い下さい。

kuccaの布おむつカバーのマジックテープはベビー用に特注と書いてありますが、お肌に当たっても痛くないのでしょうか。

kuccaのマジックテープの別注についてですが、マジックテープは貼るときに、2種タイプ(貼る側・貼られる側)がございます。

kuccaの布おむつカバーに使用しているマジックテープは、貼られる側、すなわち画像写真でも見えます一文字に表側に付いている部分は、頬ずりしても大丈夫なほど柔らかい生地を使用しております。
是非実感してみて下されば光栄です。

ですが、そちらの一文字に貼る側、つまり内側隠れている方は、その一文字のマジックテープに貼り付ける役割になっていますので、市販と同じようなタイプと考えていただければ幸いです。

ページTOPへ戻る

使い方について

布おむつ育児を始めたいと思っています。最初にどれくらいの枚数が必要ですか?

スタートする時期、どのくらい布でやってみるのか、でかなり違ってくるのですが、
たとえば、新生児から布おむつオンリーで行う場合は、
布おむつですと、成形おむつ、輪おむつどちらでも一日15〜20枚はあると良いと思います。

洗い替えなどのためにストックがあると安心する方には、
プラス10枚前後をおススメします。

新生児期は、ちょこちょこおしっこをするので、交換が多いです。
落ち着いてくるまでは、枚数が必要になると思います。

また、乾きにくい梅雨時期や冬を考えると、
一日必要枚数約20枚位にプラス10枚あると、安心かなと思います。

日中は布おむつ、夜間や外出時は紙オムツという、併用で行く場合は、
上記の枚数の半分あれば足りるのではないかと思います。

おむつカバーですが、kuccaで取り扱っている柔らかいガーゼ素材の物は、
お肌に優しい分濡れると1回で交換ということがありますので、
お店等で良く見られるポリエステル製のカバーと比べると
多めにあると便利です。一日8枚ほどあればよいのかなと思います。

またウールパンツ型のカバーですと、多少おしっこで濡れてもウンチ汚れで汚れない限り、
洗濯しないで構わないので、そういったカバーと併用していただければ、
全部で5枚ほどあれば1日全てまかなえるのではと思います。

カバーは、こまめに交換すればカバーまで濡れることはないので、
排泄タイミングがつかめるようになり、お子様が成長するにつれて
どんどん枚数が減っていくかと思います。
併用でしたら3〜5枚程度、布おむつオンリーでしたら8〜10枚程度
カバーがあると(カバーの生地性質にもよりますが)良いかと思います。

まずは併用でスタートされる方が多いです。
そしてどんどん布おむつの時間を増やしていくにつれ、買足しするのが良いと思います。

ゆるりと、自分自身のペースで進め続けていくのが良いと思いますので、
たとえば日中だけやってみる、という方法で始めるのが良いかなと思います。

ぜひ、ご自身のペースで楽しく初めてみて下さい♪

布おむつの吸収力が悪いのでしょうか? 漏れではないのですが、1回のおむつ替えで、カバーも湿ってしまいます。

もしかすると、オーガニック綿本来の油脂(油分)が落ち切れていない可能性がございます。
使っているうちに吸収はアップしますが、すばやく対処する際は、
もう一度湯洗いもしくは熱湯でのつけ置きをおススメします。

こちらもご確認くださいませ!http://www.kucca.jp/?mode=f24

また、カバーが湿ってしまう件ですが、
Kuccaのカバーは、肌への負担を考慮した構造上、
内側もWガーゼを使用しておりますので、
布おむつの水分やムレ防止のために外へ発散した水蒸気を吸収してしまうこともございます。

市販のポリエステル生地のおむつカバーと比較して考えた場合、
どうしてもWガーゼなので、湿っている感覚はあるかと思います。

お子様の排泄タイミングや1回の量によって、
おむつ替え1回にカバー1回になる確率が多いと感じることもあるかと思います。

布おむつ育児に慣れてきますと、排尿タイミングもわかり、
1回に2度、3度使えることももちろんございますが、
1度に1回ということも多くあることは、kuccaのカバーの特性上、否定は出来ません。

主にkuccaのカバーは市販のポリエステル生地に不満があるお客様が特にご愛用されており、
カバーは特にリピートいただいている商品の1つで、通気性もいいので、
太もも周りや、お腹周りの肌あれが解消したとのお声も伺います。

はじめはなかなか大変でしたが、2〜3カ月すると慣れてきて、
今は快適です!という御愛用のお客様のお声もたくさん伺います。

とはいえ、1回のおむつ交換で1枚のカバーを交換するとなると、
手間も多いかと思います。

もしそれでご負担になるようでしたらポリエステルカバーは早く乾きますし、
1回に2度、3度使える回数は多いかと思います。
状況などにより、ポリエステルカバーとの併用も良いかもしれません。

布おむつの予洗いですが、教えていただいた湯洗いを2度ほどしましたが、まだ吸収力が良くないようです。はじく感じはないのですが、裏の水玉生地が吸っている感じがします。どうすればいいでしょうか?

湯洗いを2度ほどしていただいたとのことですが、
水玉の方が吸収しているとのことですので、
まだ布おむつが十分に吸収できていない=油分が落ち切っていない可能性が考えられます。

なかなか綿本来の油分が取れないと、
油分が水分(おしっこ・ゆるゆるウンチ)を吸収しきれません。

はじく感じが無くても、吸収しきらないと水分は吸収してくれる方へ
どんどんと流れてしまうので、水玉の生地の方が吸収してしまうわけです。

こちらはオーガニックコットンによく見られる現象でして、
安価なオーガニックコットンは薬品を使って一度油分を取ってから、製品に仕上げているものも一部ございます。
ですので、オーガニックコットンで、
最初の吸収がイマイチなのは、逆に本物であるという証拠ですので、
ぜひご安心いただければ幸いです。

こちらの改善方法、吸収力をどう出せばよいのかの方法ですが、
方法は十分に油分を落とすということに尽きます。

各個人で湯温・予洗い状況などが違うので
一概に何回やればOKですとは言えないのですが、
油分の色移りなどがデメリットとして考えられますが
沸かしたてのお湯(熱湯)につけ置きをしておき、
お湯が冷めたらもみ洗いして干す(天日干しがおススメです)
という方法を何度か行なうと、
(この際は洗剤は使わないでください)油分はすっかり落ちるかと思います。

布おむつを使用しながら合間にこの方法を行いますと、2〜4回で十分な吸収力になると思います。

Kuccaの他のお客様でも、何度か予洗いしたもののなかなか吸収力が復活しない、
というお問い合わせをいただきますが、
こちらの方法をお手数ですが再度お試し頂くと、
改善しましたとのお声を必ず頂きますので、
とても手間がかかり、大変お手数ではございますが、
どうぞお試しください。

お試しの際は、どうぞ火傷にご注意くださいませ。
また、色落ち・色移りがある可能性もございますので、他のものとご一緒されるのはご遠慮下さい。

横漏れが気になります。なにか方法が悪いのでしょうか。良い方法があれば教えてください。

横漏れ・伝え漏れ(背中から漏れてしまう)についてですが、
考えられる原因として、
①まだ布おむつ(自然綿)の本来の吸収力が弱い
②布おむつとお肌との間に隙間が空いてしまっている

この2つが考えられます。

①は、オーガニックコットンによく見られる現象で、なかなか綿本来の油分が取れないと、
油分が水分(おしっこ・ゆるゆるウンチ)をはじいてしまいます。

こちらは、使用していくうちに解消されると思いますが、
油分の色落ちなどがデメリットとして考えられますが
1度沸かしたてのお湯につけ置きをしておき、お湯が冷めたらもみ洗いしてという方法を行なうと、油分はすっかり落ちるかと思います。
お試しの際は、火傷にご注意くださいね。
また、色落ち・色移りがある可能性もございますので、他のものとご一緒されるのはご遠慮下さい。

②に関しては、しっかりと布おむつが、肌と密着していると吸収されるのですが、
隙間があるとどうしても吸収されず、背中やももの方へ回ってしまいます。

女の子ですとよく後ろに流れてしまうことがあります。
しっかりと布おむつが、肌と密着していると吸収されるのですが、
隙間があるとどうしても吸収されず、背中の方へ回ってしまいます。
女の子は、お尻側を折り返すといいです。
↓こちらでは前を折り返してますが、お尻側を折り返してみてください。
※旧タイプの布おむつの例ですが、新タイプでも大丈夫です!!
http://062blog.kucca.jp/?day=20091015

また男の子ちゃんでも、隙間があると横漏れしやすくなりますので、
女の子と逆に前側を折り返すなどが効果的です。

また、体格が華奢な赤ちゃんでしたら、 厚みを持たせると、
肌と密着するので、新生児など体重が増えるまでは、
布おむつの2枚使用でもいいかもしれません♪

隙間が開いてしまう赤ちゃんで、2枚重ねでうまくいきましたというコメントも頂いております。

当て方、厚みなどで対応すると漏れも少なくなりますので、
どうぞお試しください♪
宜しくお願いいたします。

そもそも、布おむつってそんなに漏れるものなんでしょうか?

基本的には布ですので、まったく漏れない! というのは正直難しいかなと思います。

一方、紙おむつは水分をすぐに固体にする「高分子ポリマー」という化学物質が入っておりますので、確かに漏れにくいです。

紙おむつに比べてしまうと、布おむつは正直漏れやすいですね。

ですが、布おむつは石油由来のポリマーが使用されていないので、肌にとても優しいですし、排泄タイミングを親子でつかみやすいので、おむつはずれが早い子もいます。もちろん経済的でもあり、ゴミも出ないのでとってもエコ。

布おむつ育児をされている方は、以上のような理由で布おむつを選んでおります。

正直大変な時もありますが、慣れてしまうと楽しいですし、メリットもたくさんあるので、外出時や大変な時以外は布おむつ、というような併用している方も最近では多く見られます。

みなさまそれぞれのパターンを作って、楽しんで布おむつ育児をされると嬉しいです。

布おむつ育児を始めたいと思っています。最初にどれくらいの枚数が必要ですか?

はじめに布おむつは何枚位?カバーは何枚位必要かということですが、
スタートする時期、どのくらい布でやってみるのか、でかなり違ってくるのですが、
たとえば、新生児から布おむつオンリーで行う場合は、
布おむつですと、成形おむつ、輪おむつどちらでも一日15〜20枚
はあると良いと思います。

洗い替えなどのためにストックがあると安心する方には、
プラス10枚前後をおススメします。

新生児期は、ちょこちょこおしっこをするので、交換が多いです。
落ち着いてくるまでは、枚数が必要になると思います。

また、乾きにくい梅雨時期や冬を考えると、
一日必要枚数約20枚位にプラス10枚あると、安心かなと思います。

日中は布おむつ、夜間や外出時は紙オムツという、併用で行く場合は、
上記の枚数の半分あれば足りるのではないかと思います。

おむつカバーですが、kuccaで取り扱っている柔らかいガーゼ素材の物は、
お肌に優しい分濡れると1回で交換ということがありますので、
お店等で良く見られるポリエステル製のカバーと比べると
多めにあると便利です。一日8枚ほどあればよいのかなと思います。

またウールパンツ型のカバーですと、多少おしっこで濡れてもウンチ汚れで汚れない限り、
洗濯しないで構わないので、そういったカバーと併用していただければ、
全部で5枚ほどあれば1日全てまかなえるのではと思います。

カバーは、こまめに交換すればカバーまで濡れることはないので、
排泄タイミングがつかめるようになり、お子様が成長するにつれて
どんどん枚数が減っていくかと思います。
併用でしたら3〜5枚程度、布おむつオンリーでしたら8〜10枚程度
カバーがあると(カバーの生地性質にもよりますが)良いかと思います。

まずは併用でスタートされる方が多いです。
そしてどんどん布おむつの時間を増やしていくにつれ、買足しするのが良いと思います。

ゆるりと、自分自身のペースで進め続けていくのが良いと思いますので、
たとえば日中だけやってみる、という方法で始めるのが良いかなと思います。

ぜひ、ご自身のペースで楽しく初めてみて下さい♪

ページTOPへ戻る

洗濯について

布おむつやカバーをしっかり洗っているのですが、やはりアンモニアなのか、ツンとしたニオイが取れません。このニオイを取るには、なにか良い方法はありませんか?

つんとしたニオイはアンモニア臭ですね。

梅雨時期ですと、部屋干しがメインになってしまいますが、天日干しは、殺菌作用があるので、布おむつには特に奨励します。

またそれがなかなか難しい場合は、つけ置き時に、殺菌・消臭作用のあるティーツリーやラベンダーのアロマオイルを数滴(10リットルバケツで1〜2滴で良いかと思います)垂らすと効果があります。

また、すすぎ時にアロマオイルを投入するのも良いのですが、ドラム式はNGかもしれないので、洗濯機の使用方法をお確かめ下さい。

また、アンモニアのニオイにテキメンなのが「ミョウバン水」です。
このミョウバンは、かなり殺菌、消臭の作用があります。
ミョウバン水を、使用済み布おむつに一度ふりかけて、洗濯するもしくは洗濯後ふりかけて干すと全く匂いがなくなります。

ミョウバン水として売っているものもあるので、そちらの原液を10倍に薄めて、スプレーボトル(100均などで売っているものでOK)に入れて、使うと簡単ですが、少々お高くつきます。
自分でミョウバン水を作ることも出来ます。

詳しくはこちらをどうぞ→ニオイにテキメン!消臭にはミョウバン水♪

こちらのミョウバン水をスプレーボトルで常備。
ニオイの布おむつやカバーに吹きかけ手洗いもしくは洗濯するだけで、ニオイすっきりですのでどうぞお試しください。

少しゴワゴワしてきたので柔軟剤を使いたいです。使用しても問題ないでしょうか?

柔軟剤ですが、お客様のご判断にお任せしております。

といいますのも、基本的に、柔軟剤成分は自然由来のものは少ないのが現状です。

また、洗濯機を使用しても、洗剤成分、柔軟剤成分が布繊維から必ずしも落ちきらない場合もあります。

布地に残ってしまった洗剤や柔軟剤肌荒れしてしまうお子様も、近年増え始めました。

柔軟剤は、確かに柔らかになるので、お店として使用を禁止はしておりませんが、

布おむつ育児をされている方は、肌への影響も考えて使用されている方多くいらっしゃいます。

もちろん何も反応が無いお子様もいらっしゃいますが、kuccaとしては、そちらの観点から考えると、

なるべく使用しない方が望ましいとは思いますが、最終的な使用有無は、お母様の判断で、お使いいただければ幸いです。

柔軟剤を使用することでの布自体が傷む範囲については、柔軟剤を使用している=痛むに繋がるわけではないです。

全く影響が無いという分けではないですが、やはりおむつも消耗品ではございますので、

使用回数、洗濯方法、洗濯機の種類、洗濯への対応(ネット使用の有無)、禁忌事項の有無、

などの要員で変わってきます。

おしっこの布おむつの場合、昔は水洗いの手洗いのみでも問題なく行ってきました。

特に赤ちゃんのおしっこは汗の成分と同じだといわれております。

あまりに気にしすぎて洗いすぎると、消耗度は増しますので、

ごわごわ感などの使用感は、出やすいかと思います。

あまり汚れや量が少ないおしっこ布おむつは、さっと手洗いで天日干し。

うんち汚れはつけ置きからの洗濯機(ネットイン、弱モード)など、

状況別に、どうぞ工夫しながらお使いいただければ幸いです。

布オムツのベージュ(肌にあてる面)側の生地が、ガサガサになってしまいました。洗濯機ネット使用で洗濯していましたが、どうすればいいでしょうか。

kuccaで使用している生地は、オーガニック綿もダブルガーゼも赤ちゃんのお肌を重視するために使用してるため、やはり生地の性質もかなりデリケートです。

どうしても洗濯機はNG!とはしておりませんが、柔らかい風合を損なわないためにも、 kuccaでは手洗いを推奨しております。

ですが色々な状況により、洗濯機を使用することもあるかと思います。

ネットはご使用されているとのことですが、デリケートさは「ウール手洗い」と同じと考えていただき、ウール物を洗濯機で使用される場合と同じように、水を生地が完全につかるより大目に入れ、弱水流で少しまわし、脱水も弱めがよいです。

kuccaとしては、長くお使いいただきたいので、(経済的でもありますし)、少しお洗濯にご面倒があるかと思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

現在、合成洗剤を使わずに洗濯しています。kuccaの布おむつカバーは粉石鹸で洗濯できますか?

kuccaの布おむつ・カバー・その他商品もすべて、今までと同様に粉洗剤でお洗濯いただけます。

蛍光増白剤が入っている合成洗剤等は、生地の傷みにつながりますので、お控え頂くことをオススメしております。

また長くお使いいただきたい為、手洗いを推奨しておりますが、洗濯機を利用する場合は、マジックテープは止め、ネットの使用をオススメしてます。

「おしっことうんこのオムツは一緒につけおきしないこと」とありますが、別々のバケツを用意したほうが良い理由はなんですか?

おしっこだけの布おむつの場合は、洗い流すだけでほぼきれいなので、その布おむつと一緒に、うんち汚れの布おむつを一緒につけ置きしていると、うんち汚れがついていない布おむつにも、うんちの汚れがうつってしまう可能性があります。
衛生的な問題で、つけ置きの際は、別にしたほうが良いとkuccaではオススメしております。

ページTOPへ戻る

サイズについて

サイズについて教えてください

サイズは本当に難しいところです。

実物を見てもなかなか合わないことがございますので、ネット上ではとても判断が難しいかと思います。

kuccaでは以下のように設定しております。

サイズのめやす

※太もも部分は、ゴムを少し伸ばしながらの計測です。
若干の誤差は生じますので、目安としてお考えください。
※あくまでkuccaブランドのめやすとしておりますので、他製品とのサイズ違いが発生するかと思いますが、その点は、ご了承ください。
若干のサイズ調整ができますので、境目のお子様の場合は、一つ上のサイズで購入された方が、良いかもしれません。

※パンツ型カバーは、デザイン上形が固定されております。
テープ式カバーと違い、太もも部分にゴムが無い場所もあるため、テープによる微妙な調節ができないので、テープ式カバーのサイズがジャストサイズの場合は、お子様の体系にもよりますが、パンツ型カバーはワンサイズ大きい方が良い場合もあります。
どうぞご不安な方は、ご購入前に必ずご相談くださいませ。

また、規定内の体重・月齢でも、たとえばねんね期の場合は太ももがムチムチしていることが多かったり、歩き出すと背はあるものの、細目の子で太ももが締まっていたりと、個人差や体格により1サイズ上のサイズが良いお子様もいらっしゃいます。

8キロ〜9キロあたりのお子様で月齢よりも体格が良いお子様ですと、MサイズよりもLサイズが良い場合がございます。
また10キロ〜11キロでも歩くようになるとお腹や太ももがしまってくるので、(個人差にもよりますが)MサイズでOKな場合もございます。

ご不安な方はどうぞご購入前にkuccaまでお問い合わせ下さい。
その際には、お子様のサイズを教えていただけるとアドバイスしやすいので、大変助かります。

お手数ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

ページTOPへ戻る

その他商品について

【木の実洗剤】
普通のいわゆる輪オムツなんかも、木の実洗剤で洗えますでしょうか?汚れはしっかり落ちますか?

木の実洗剤ですが、布おむつはもちろんのこと、通常のお洗濯品全般にご利用になれます。自然のサポニン(洗浄成分)での洗い上がりは、肌に負担をかけません。タオルや下着肌着類、さまざまなものにお使いいただけます。ただし、こちらは通常の洗剤にもあることですが、頑固な泥汚れ、赤ワインやケチャップ、ソース、醤油、油染みのようなものは、落ちない場合もございます。合成の界面活性剤は一切入っておりませんので、洗い上がりはナチュラルですが、頑固な汚れには不向きなところもございます。

どうぞご了承くださいませ。赤ちゃんの肌着やタオル類、布おむつや布ナプキンにはオススメの洗剤です。

【母乳パッド】
母乳パッドの撥水効果ありとなしでは、使用感はどう違いますか?

お肌面の感触の違いとしては、有無による違いはありませんが、撥水布ありの方が少し厚みがある感触になると思います。また、タイプ別におススメしますと、分泌すなわち母乳量が多い方や溜まり乳と言われるタイプの方(常に母乳を作ってしまうタイプ)の場合は、撥水ありの方が安心ですが、差し乳と言われるタイプ(赤ちゃんに吸われるスイッチが入り母乳を作るタイプ)や母乳量が少なくミルクと併用する方などは、撥水なしでも充分かと思われます。産後1〜2か月は母乳の生産も安定しないので、最初は撥水あり、その後なしで充分になる場合もございます。昼間と夜間で使い分けている方もいらっしゃいます。

【布ナプキン】
夜用ひょうたん型はポーチなどに入れる場合、どのようにたたんだら良いのでしょうか?

スナップボタンの止め方ですとかなり大ぶりになってしまいますので、スナップの羽根部分を真ん中として、前部分と後ろ部分を交互に折りたたむ3つ折りが、シンプルで、一番かさばらない折り方かと思います。どうぞお試しくださいませ。

【おむつライナー】
おむつライナーやネットは必要ですか?またどんなものを用意したらよいですか?

おむつライナーについてですが、こちらは賛否両論の意見がございまして、手間がかかるので使わないという方もいらっしゃれば、少しでもうんちの汚れが軽減されるから便利、うんちだけ捨てられるから便利(使い捨て使用の方)、などのご意見もあります。必ずしもある方が良いという必須アイテムではありませんが、状況によっては便利なアイテムです。

ライナーはゆるゆるうんちとは相性が良いので、低月齢のお子様は、使い易いかもしれませんが、大きくなってくるとうんちの回数も減り、固形化されるので、使う頻度は少なくなるかも知れません。たとえば、kuccaでご用意しておりますタイプのライナーは、使い捨てでなく、おしり拭きにも使えるガーゼタイプなので、使い捨てタイプでないものは、状況に合わせて使うのは良いのかなと思います。ちなみに店主は、1歳児以降はほとんどライナー使用はせずにおしり拭きとして利用しておりました。

ページTOPへ戻る

お買い物について

キャンセルしたいのですが、どうすればよいのでしょうか。

kuccaまでご連絡いただければ対応いたしますので、どうぞご安心ください。お手数ですが、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。

支払い方法を変更したいのですが、どうすればよいのでしょうか。

代引き、クレジット決済、銀行振込に対応可能です。kuccaまでご連絡いただければ変更等、対応いたしますので、どうぞご安心ください。お手数ですが、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。

メール便でお願いしたいのですが、どうすればよいのでしょうか。

発送トラブルを避けるため、基本的には宅急便発送とさせて頂いておりますが、商品のよってはお引き受け出来るものもございます。HPに記載のない商品に関しては、可能なものに関しては個別に対応させて頂いておりますので、お手数ですが、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。詳しくは こちらをご確認下さいませ。

厚みの関係で、お問い合わせ頂きましても、対応出来ない場合もございますので、どうぞご了承くださいませ。

ラッピングをお願いしたいのですが、どうすればよいのでしょうか。

有料になりますが、承っております。こちらからお選びくださいませ。

カートに入れて購入のお手続きをして頂くか、すでに購入お手続きがお済みの場合は、お手数ですが、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。改めてこちらで対応させていただきます。

ページTOPへ戻る

その他

最近排泄のタイミングをつかめるようになりました、ホーローおまると布おむつの相性が良いと聞きまして、試してみたのですが、タイミングは合うものの、本人が嫌がる場合はどうしたらよいでしょうか。

布おむつとホーローおまるの相性はとっても良いです。

また、排泄タイミングがつかめるようになったとのことなので、時期的にはちょうど良いと思いますが、その子の排泄スタイルもあるので、まずはお子様が一番リラックスして排泄できるスタイルでさせてあげることを優先する方が良いのかなと思います。排泄を中断する事が増えると、便秘になる可能性もあります。

また、排泄タイミング以外で、おまるに座らせてあげるのも良いと思います。おむつ交換時やお風呂前等、ちょっと座らせてみてホーローおまるに慣れさせル気持ちでトライするのも良いかなと思います。店主次男もお気に入りの時と、おまるがいや!という時と、本当に180度変わった時期もありましたので、とにかく無理はしない方がいいかなと思います。楽しんで出来ることを優先すると良いと思います

赤ちゃんに使用する商品なので、ネットショップ上だけの判断が不安です。直接商品を見せていただきたいのですが、実際に触れさせていただける場所はあるのでしょうか?

取り扱いが一部の商品になりますが、下記のお店で取り扱っております。
ぜひお手にとってご覧くださいませ。
また下記以外にも、不定期でマルシェやイベント出店などもございます。ブログやHPNEWSをチェックしてみてくださいませ。

ページTOPへ戻る