店長ブログ

新作・追加入荷スケジュール

読み物

布茶話会

公式アプリはじめました♪

アップルアプリ
googleapri

ハンズ

tocotocoマーケット

営業日カレンダー

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
が定休日です。

TEL/メール・発送業務対応時間
10:00〜17:00

※ご注文は24時間いつでもご利用いただけます。

時間外・赤色日はメール対応、発送業務をお休みさせていただきます。


LINE@始めました!友だち追加

布おむつは保育園でも平気なの?


布おむつ育児は、育休中にトライする!という方も実は多いんです。
その中で、保育園に入ったら、布おむつを対応してもらえるのかな?
もらえなかったら、紙と併用すると混乱しないかしら、と不安になる方も多いです。
 
かくゆう私も、長男から三男まで保育園にお世話になり、それぞれの園の方針の中、
折り合いをつけながら、布おむつをすすめましたので、その一例をご紹介します。

 
〇長男保育園のタイプ
長男の保育園は、今では少ないですが、むしろ園生活は布おむつ育児なので、
布おむつで過ごさせます、という保育園でした。もしこのタイプの保育園でしたら、
ラッキーという事で、そのまま引き続き続けていただけると思います。
ただ、どの程度の布おむつ育児をしているかも保育園で様々だと思います。
保育園の方針をうかがいながら、家庭での進め方も相談しつつ、
進めていかれるとよいと思います。基本的に保育園の方針であれば、先生も理解があるので、
相談もしやすいですし、とても良い環境で引継ぎができると思いますので、
布おむつも安心して進められると思います。
 
 
〇次男保育園のタイプ
次男は0歳児、1歳児と保育ママさんにお世話になってました。
布おむつではなかったのですが、5人と少人数の保育だったので、
こちらの希望を伝えたところ、散歩時やイベント参加中は紙を使わせてもらい、
それ以外は布おむつで対応する、というところに落ち着きました。
散歩中や提携保育園とのイベント中はなかなかおむつ替えに注視できないので、
ご理解いただきたいと説明がありました。
実際に、紙おむつと布おむつの併用してみて、混乱している様子もなかったので、
安全面を優先する保育に異論なしで、布おむつを進めていただきました。
 
また、汚れ物に関しては、おしっこ布おむつは、そのまま袋に入れて持ち帰る感じでしたが、
うんち布おむつは、洗っていただき、袋に入って返却となりました。
この汚れ物の処理に関しては、保育園で対応が異なる部分ではありますので、
ここも要確認しながら、進めていくとよいかと思います。

時に夏場はニオイがきつくなるので、ミョウバンスプレー※などの
対応をしてもらえるかなども確認できるとよいと思います。

その後次男は、1歳7カ月から認可保育園に転園しました。
新規の保育園だったのと、布おむつをお願いするのは私だけだったようなので、
なかなか渋い反応でしたが、すでに事後報告ができる状態だったので、
(しゃべるのは遅かったのですが、自分で脱いだり、
おしっこを教えるような仕草はできる状態でした)
相談の結果、こちらも散歩や外出とお昼寝以外は布おむつでOKと対応していただきました。
3ヵ月もしないうちに、パンツへ移行もできたので、
2つ目の保育園では布おむつライフ期間は少なかったですが、対応可でした。
汚れ物に関しても、保育ママと同様のスタイルでの布おむつ返却でした。
 
※ミョウバンスプレーとは、消臭・殺菌に効果的で、特にアンモニアの匂いにはテキメンです。
すぐにご家庭で作れるものです。ニオイが気になる方には、おすすめ。
作り方についてはこちら
http://062blog.kucca.jp/?eid=2882
 
 
〇三男保育園のタイプ
三男も次男同様、1歳から同じ保育ママさんにお世話になりました。
同じ保育ママさんだったので、対応は基本的に次男と同じでしたが、
1点、うんち汚れの布おむつは、うんちだけは捨てていただけましたが、
洗わずそのまま返却になりました。もちろん、袋に入ってさらに防水きんちゃくに
入れて持ち帰る感じでしたが、帰宅後のミョウバンスプレーなどが必須になりました。
その後4か月後に認可保育園へ転園。

こちらも次男とは違う保育園で、またしても布おむつをお願いするのは私だけだったのですが、
紙おむつも用意いただき、布か紙かは、その場の状況で園が判断するという対応で、
布おむつの了承を得ました。
こちらは、布おむつ自体初めての先生もいたようですが、
すでにチッチなどおトイレに行けばしてくれることも、実際にやってみてわかってもらえると、
トイレへ促すこともしてくれるようになり、家での排泄の様子などを伝えると、
園でもいろいろ対応してくれるので、現在も(2017年5月現在)、
協力してもらえている体勢で進めています。
 
いずれにしても、まずは相談ベースでどれだけ対応してもらえるかを伺い、
保育園との関係性も大事にしつつ、自分の希望と折り合いをつけて布おむつを進めていくのがいいと思います。
 
過去のkuccaのお客様の中では、NGを出された保育園もあったようですが、
紙おむつをしながらトイレに促すことはやってくれた、という話も聞きました。

布おむつのすることが最大のゴールではないので、
紙おむつでもトイレに連れて行ってもらうようにしてもらう方法もあると思います。
いずれにせよ、保育園での布おむつ育児も様々ですが、
園で紙で家で布だと混乱するということもないので、
心地よいスタイルで布おむつ育児を進めていくのが良いかなと思います。






 

ページTOPへ戻る