店長ブログ

新作・追加入荷スケジュール

読み物

布茶話会

公式アプリはじめました♪

アップルアプリ
googleapri

ハンズ

tocotocoマーケット

営業日カレンダー

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
が定休日です。

TEL/メール・発送業務対応時間
10:00〜17:00

※ご注文は24時間いつでもご利用いただけます。

時間外・赤色日はメール対応、発送業務をお休みさせていただきます。


LINE@始めました!友だち追加

布おむつのメリット、デメリット、紙おむつとの比較


なぜ布おむつなのか。布おむつだと何が良いの?
という部分は、布おむつを続けるモチベーションにもなりえるので、
皆さんとても興味深いところだと思います。
 
1.肌に優しい 2.ゴミが出ない 3.経済的 4.おむつが早く取れる
等が一般的に布おむつ育児の良いところであり、メリットと言われております。
しかし、実はそこは大事ではないと、kuccaモロイは感じております。
 
ではどこにメリットがあるのか。
 
☆母の癒しが増え、子へのいとしさが増す
これはオキシトシン(愛情ホルモン)の作用ともいわれています。
手間が増えるのになぜ癒しになるのか、と不思議に思うかもしれませんが、
おむつ替えをする際の何とも言えない癒しは、肌に触れるたびに作用する愛情ホルモンの効果。
ぜひぜひ感じていただきたいです。
 

☆関係性構築の土台づくり
産まれてからすぐに絆ができているものと、母親は感じてしまいますが、
父親同様関係性はそこにあるものではなく、築いて行くべきものであります。
ふれあうこと、感じ取る日々により、関係性が作られていきます。
布おむつ育児は、排泄育児においての意思=したよ〜とか、
したい〜とかの意思をくみ取ることが大事です。これを日々やっていくことで、
いわゆるエリミネーションコミュニケーションがとれ、意思疎通ができるのだと思います。
関係性の構築の原点は意思疎通=コミュニケーションです。
 


☆気づき力、親力が鍛えられる 
コミュニケーションをとる、意思疎通を図る、それには、
我が子の意思を感じ取らねばなりません。これは、日々成長するにつれて
見えてくるサインでもあるし、なんとなく感じられる部分でもあると思います。

1年、5年、10年と積み重ねていくことで、親も成長します。
気づき力や親としての判断力は、今日明日でつくものではなく、
日々不安や心配乗り越えながら、ちょっとしたことを自信として、
鍛えられていくものだと思います。
布おむつ育児はそのスタートになりえるものでもあると思うのです。


 
☆五感を育む
布おむつは1回の尿意を感じて、1回排泄するという、人間としてのシンプルな行為を
シンプルに捉えさせてくれます。

自分のカラダから何かが出ている、おしっこの匂い、肌に伝わる感覚。
これらは、実際に経験させてあげて教えてあげることが大事です。
紙おむつではなかなかわかりずらく、本来備わっている機能が鈍くなることがあります。

本来排泄は、身体の外に排出させることが当たり前のことです。
それをシンプルに教えてあげるツールに、布おむつやさらにはおむつなし育児(※)があります。
五感を育めるメリットは、排泄が自立した後にも大きな影響を与えます。
 


では、逆に布おむつ育児のデメリットはどこにあるのか?
それは『手間』の一言なのではないでしょうか。
 
紙おむつと比較すると、もちろん初期投資がかかります、グッズも揃えますし、
洗濯も発生します。そういった手間がやはり出てきます。
交換回数も歴然と増えますね。
でもそれは、本当にデメリットになりえるのかと、思う部分もあります。
逆を返すと、紙おむつでは、☆印の最大のメリットが受け取りにくい、という事もあります。

 
もちろん、だからと言って紙おむつを使用することは悪ではないとも思います。
色々な考え、生活、性格、好みがあると思いますので、
無理なく日常に取り入れられるように、進めるのがいいのかなと思います。

 
これらのメリットはとても深いですが、実際にはっきりと目に見えるものではないです。
でもしっかりとした実感は感じられると思います。
 
布おむつ育児は、おむつを卒業するまでの1つのツール、
あくまで排泄とのかかわりを捉えやすくするツールにすぎず、
大事な目的はおむつはずれにはないと思います。

大事な目的は、ツール(布おむつ)を使って、排泄に寄り添う育児を行う事、
排泄の自立を促す教育をする。というところなのではないかと思います。

 
その教育によって、☆印が結果メリットとなり、今後の小学生、中学生、
高校生への彼ら、彼女らの将来の自己実現化につながる
人間としての土台作りであると感じられると、無理なく日常に取り入れられ、
親子で心地よい時間が過ごせるのかなと思います。
 
デメリットである、手間をも超えるメリットが布おむつ育児、
おむつなし育児にはあります。紙おむつはNGではなく、
そう意識しながら上手に取り入れて、排泄に寄り添う育児を我が子とすることが、
大事だとkuccaは思います。
 


 
※おむつなし育児とは、おむつなし=おむつを付けないという育児ではありません。
排泄のしくみを理解して、排泄の自立へを促してあげる行為をさせてあげること。
すなわち、おむつの外でおしっこやうんちをさせてあげることを指します。
常におむつをつけていない状態で育てるという事ではないです。
布おむつを付けて、おむつなし育児をするというのがよりベストな状態です。



 

ページTOPへ戻る