店長ブログ

新作・追加入荷スケジュール

読み物

布茶話会

公式アプリはじめました♪

アップルアプリ
googleapri

ハンズ

tocotocoマーケット

営業日カレンダー

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
が定休日です。

TEL/メール・発送業務対応時間
10:00〜17:00

※ご注文は24時間いつでもご利用いただけます。

時間外・赤色日はメール対応、発送業務をお休みさせていただきます。


LINE@始めました!友だち追加

おむつ卒業への道
おむつ卒業への道1 はじめに

あせらなくてもいずれは卒業!

早いもので、次男も今月の15日で2歳8カ月。
もうすぐ3歳になります。(2013年5月現在)

同じような月齢のお子さんを持つお母さんにとって、
この頃の注目育児ワードはずばり、
「トイレトレーニング」になるのではないかと思います。

“おむつなんて、いつかは取れる”と、
どんと構えたい気持ちとは裏腹に、
焦ってしまったり、イライラしてしまったり。
「分かっちゃいるけど……」、と不安な日々を過ごされるお母さん、
多くいらっしゃると思います。

先輩ママには必ず
「大丈夫よ〜」と言われます。

そして、私も実際
「大丈夫よ〜」と言うのが結論なのですが(笑)

実際に渦中にいると、「ほんとに大丈夫か?!」
となるのが、母心であり、本音ですよね。

すでに経験済みの、長男のおむつ卒業の際には、
あまりトイレトレーニングをしなくても、
なんとなく頑張ってみたら、なんとなく取れて、
2歳半には、夜間も完全なるパンツマンでした。

でも、もっと早くパンツになっている子もいるわけですし、
「遅いのかな〜」
「うちの子大丈夫かな〜」
と心配になるのもわかります。

私も実際そうでした。
でも終わってみると、なんてことない。

だから、次男の場合も、
余裕で対応できるにちがいないと高をくくっていたわけですが、
同じ時期に次男がさしかかり、
「大丈夫!」という自信は薄れ……、

ま、まさか……この子は大丈夫ではないのかも……?

そう不安になるのが、“お母さん”という生き物なのかもしれません(笑)。

でも、よくよく考えてみれば、
おむつが一生取れない人はいないわけです。
子どもが出しているサインに気づきさえすれば、お母さんは
おむつが自然に取れていくのを手助けするだけでOKなはず。

ここに記すのは、
私が体験した、次男のおむつ卒業への階段を昇るお手伝いの
一部始終。

あくまで個人的な体験ではありますが、
『おむつ卒業への道』と題する備忘録として、
コツやポイントなども踏まえながら、記して行きたいと思います。

もしご興味あれば、お付き合いくださいませ。

おむつ卒業への道(2)へ
http://www.kucca.jp/?tid=9&mode=f34

ページTOPへ戻る